読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是好日、其ノ記録

日々の記録、料理/思う事/旅行/貯金/経済 ツイッターも。https://twitter.com/hagimeshi

家の掃除、きれい、汚いの感性の違い

家事

5日の夜、久しぶりに旦那さんと小競り合いになりました。

おうちの掃除の件で。

旦那さんはとってもきれい好き。(潔癖まではいかないと思うんだけど、結構なきれい好き…)

 

  • 見えないところもきれいにする。(どこまで?)

整理整頓の話です。私は掃除があまり好きな方ではないので、そもそもモノを置かないようにしています。

f:id:hagimeshi:20170207120341j:plain

これ、普段の何もしていない状況のリビングです。これくらいものを置いていないので、掃除も簡単、ただ最近は臨月で雑巾で床拭き(クイック○ワイパーは本当に臨時の時のみの使用)がしんどくなってきているので2日に一度のペース。掃除機はまいにち。

それでも「掃除ができてない!」と旦那さんがいうので、「どこ!?どこが?!」と聞いたら「テレビの裏とか埃溜まってるでしょ」と言われると、た、確かに。。。

 

旦那さんのきれいは「目に見えないところもきれいにする」というのがきれいの価値観なので、大変です。「確かに言われてみれば」、という感じなのですがどのくらいの頻度でどこまで掃除していいのかわからなくなってしまう。。。

 

家が汚いよりはきれいな方が良いので、私が感化された方が良いと思うのですが、掃除しているところを「やっていない」と認識されるのも嫌な気持ちになる。

掃除って奥深くて正解がないからモヤモヤ。

それも人によってきれいの価値観が違う。

 

とりあえず、1日一部屋、徹底的にきれいにするというのを目標にぼちぼちやっていきたいと思います。

今日はリビング、台所(これは毎日)+トイレ掃除+風呂掃除。

本日も一日頑張ります。