読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是好日、其ノ記録

日々の記録、料理/思う事/旅行/貯金/経済 ツイッターも。https://twitter.com/hagimeshi

生活と仕事は密接している。

こんばんは、ハギメシです。

現在産休中で仕事を休んでいます。うちの会社は成果主義メッキメキの競争社会だったので、私は特に身体のコンディション、睡眠(私は欠かせなかった)、食事などがもろに影響するので常に気をつけていました。

 

昨秋、昨年4月に中途入社で異動してきた男子(20代後半)がいました。前部署で成績不振で、よくない言葉で表現すると「飛ばされてきた」方です。

20代後半、実家暮らし、身の回りのことは全てお母さんがしてくれる、所謂経済的に自立をしたことがない状況でした。(ちなみに現在も実家暮らし)

 

私の会社では、普段から厳しい目標が課せられているので、まずは自立して自分の身の回りのことをできるように(コントロール)できるように、またできない場合賞与ももろ下がるので必死になって頑張る状況を自らつくり乗り越えていくモチベーションを作り乗り越えていこう、という環境を推奨していました。(もちろん強制ではありません)

 

それは置いておいて、私が彼のとても気になったこと、、、があります。

昨年4月に入社した時、「10月には一人暮らしをします」と前部署で自ら宣言していたそうです。上司にも今回成績不振で異動になったんだから自分を奮い立たせるためにも。今回を機に自立したほうが良いんじゃないかと、推奨されていました。

10月に異動してきたので、そのタイミングで一人暮らしをするのかと思いきや、やはり実家暮らし。「えー、10月はできそうにないので、2月に一人暮らしをしたいと思います」と飲み会の席で、、皆の前で宣言しちゃうんですね。

言うは易しで、ほかの女性社員からも「出来ないことはさ、人前で言わないほうがいいよ、別に誰も無理やりやれなんて言ってないんだから」と助け舟を出してもらっているにも関わらず、男のプライド(?)なのか「いえ!やります!」と宣言だけはしっかり。

そして12月末、彼が異動してきて2ヶ月が経とうとした時、私も産休に入るので「そういえば2月に一人暮らし、するの?」と聞くと、「出来そうに無いので、4月からします!状況が変わって姉が実家に戻って来るので家電がモニョモニョモニョ」とのこと。

 

そして異動後の彼の成績はやはり芳しくなく、全くといいほど成績が上がっていない状況が続いています。(私がみていても計画倒れ、締め日に間に合わない等実行力が乏しく、スケジュールの逆算ができていないように感じました。)

今振り返ってみて思うこと。「自分の生活がうまく回せなければ、仕事もうまく回せないんだなぁ」と。

生活と仕事、内容は違うように見えてものすごく密接に関係している、と彼をみていて思いました。

 

私も育児休暇明け、また時間の使い方が変わってきます。でも時短なりの数字は課せられるので、時間と効率、そして赤ちゃんという狭間で生活することになるので、これまで以上に気を引き締めて今から一年先のことを考えなくては、と思っています。

(人の振り見て、我が振り直せ、ですね〜)